blog

【WordPress】簡単にアプリ紹介記事をつくる方法

2021-05-30

どうも@akirasiraです。

Macでいいアプリを見つけたので、ブログで紹介したいな〜と思いました。

やり方がわからなかったので調べてみると、プラグインで簡単に記事にすることができました。

完成イメージはこんな感じです。

 

‎Tunacan
‎Tunacan
Developer: Kreuz 45
Price: Free+

 

 

さっそくやってみましょう!

 

プラグインの名前は『WP-Appbox』

プラグインを入れて設定しましょう。

プラグインの名前は『WP-Appbox』です。

インストールはこちらから。

WP-Appbox
WP-Appbox
Developer: Marcel Schmilgeit
Price: Free

 

『WP-Appbox』の機能

『WP-Appbox』を使えばいい感じにアプリを紹介することができます。

見た感じもカスタマイズできるので、自分好みにすることもできます。

 

対応サービス一覧

  • Amazon Apps
  • (Mac)App Store
  • ChromeWeb Store
  • F-Droid
  • Firefox Add-ons
  • GOG.com
  • Google Play Apps
  • Opera Add-ons
  • Steam
  • Snapcraft
  • Microsoft Store
  • WordPress Plugins

色々使えて便利ですね。

設定が完了したら簡単に使うことができますよ。

 

『WP-Appbox』の設定

次に『WP-Appbox』の設定をしましょう。

WordPressの管理画面の左にある「設定」→「WP-Appbox」の順番にクリックしましょう。

 

Output

まずは見た目の設定である「Output」から。

ここで表示される見た目を変更することができます。

色々いじってみて、しっくりくるものを探そう。

Standard App-Badge

ここでは表示形式の指定ができます。

  • Simple Badge(↑に貼っているいる一番シンプルなもの)
  • Screenshots(AppとAppの使用画面がスクリーンショットされたもの)
  • Screenshots Only(使用画面のスクリーンショットのみ)
  • Compact Badge(Simple Badgeよりさらにシンプルで小さくなる)

表示形式をドロップダウンすると、下にイメージが表示されます。

ここで好みの表示形式を指定しよう。

 

Colored store icons

ストアのアイコンの色を指定できます。

チェックを入れるとアイコンに色が付きます。

個人的にはチェック付きのほうが好きですね。

チェックあり

チェックなし

ここは趣味の世界ですね。

お好みでどうぞ。

 

App-Ratings

ここではアプリの評価であるスターの表示設定をおこなうことができます。

以下の3種類の表示方法を選択できます。

  • Monochrome Stars(☆をグレーで表示)デフォルト設定
  • Colorful Stars(☆をイエローで表示)
  • Hide app-ratings(表示なし)

個人的にはイエローで表示されるColorful Starsがおすすめです。

 

Editor-Buttons

ここをいじると記事を書くときにショートコード追加ボタンが追加されます。

 

  • Show all App Store buttons in the editor:エディタ上部にすべてのボタンを表示する
  • Show all App Store buttons in the editor within the AppBox-Button:AppBoxボタンの中にすべてのボタンを表示する
  • Show no buttons in the editor:エディタ上部にボタンを表示しない
  • Custom settings:カスタム

ぼくはMacアプリとGoogleアプリ、そしてWordPressプラグインを紹介したいので、この3つだけを表示するようにしています。

Custom settingsを選択し、必要なボタンだけチェックを入れたらOK。

先にHide buttonで全部消してからのほうが早いかも。

 

こんな感じで必要なものだけにチェックを入れましょう。

Save changesをクリックしたら設定完了です。

こんな感じでボタンが追加されます。

 

Store-URLs

ここでは書くストアのURLの設定を行います。

デフォルトではGermanyになっているので、必要なストアの設定をしよう。

 

ぼくはMacアプリとGoogleアプリだけの設定を変更しています。

Macアプリは”Japan”に、Googleアプリは”Use own URL”を選択し「https://play.google.com/store/apps/details?id={APPID}&hl=ja」をコピペします。

設定が完了したらSave changesをクリック。

 

これで設定は完了です。

 

『WP-Appbox』の使い方

設定ができたら使ってみましょう。

ここから紹介したいアプリを選択します。

 

 

ためしにMacアプリの紹介リンクを作ってみます。

(Mac)App Storeを選択するとこんな感じで出ます。

あとはappstoreの後ろにアプリIDを貼るだけです。

これだけです。

他のアプリの紹介も同じようにアプリIDを貼り付けるだけで簡単に紹介リンクを作ることができます。

 

ちなみに各アプリのIDのの調べ方はWP-AppboxのHelpのタブに書いています。

 

まとめ

いかがでしたか。

プラグイン「WP-Appbox」を使うと、簡単にアプリの紹介記事を作ることができました。

設定も一度行ってしまえばアプリの紹介IDのを調べるだけなのでとても簡単ですね。

 

それではまた!

スポンサードリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あきらしら

30代折り返し。男児二人の父。自分の考えや興味の持ったことを発信したい、誰かの役に立ちたいと思いブログを開始。 好奇心の赴くまま自分が興味を持ったことを深堀し、記事にしています。 毎日更新を目標に、日々情報収集を行い、アウトプットをする練習をしています。 精神的にも身体的にも成長し、カッコいいおっさんになることが目標。

-blog
-, , ,