apple

【Mac】タッチバーの調子が悪いときに再起動する方法

どうも@akirasiraです。

ぼくはMacBook Proを使っています。

MacBook Proにはタッチバーというものがあり、ここで音量を変えたり、アプリを操作できたりします。

 

しかし、このタッチバーがたまに反応がしなくなったり、動作が遅くなるときがあります。

そんなときにタッチバーを強制的に再起動することで症状が改善します。

 

今回はタッチバーの再起動についてやり方をみていきましょう。

 

アクティビティモニターから再起動

まずは”アクティビティモニター”から再起動する方法をご紹介します。

”アクティビティモニター”とはWindowsでいうところの”タスクマネージャー”です。

アプリの強制終了にも使えるので覚えておきましょう。

ちなみにアプリの強制終了は『command』+『option』+『escape』が一番簡単ですよ

 

”アクティビティモニター”はLaunchpadにあります。

Launchpadはアプリがたくさんならんでいるこの画面のことです。

 

トラックパッドで「親指と3本指でピンチ」すると出てきます。

apple HPより

 

ぼくは「その他」の中にありました。

こいつ↑を見つけてクリックします。

 

アクティビティモニターの右上の検索ボックスに「Touch」と入力。

”TouchBarServer”や”Touch Bar agent”と出てくるので、上の×ボタンを押します。

ここから終了を押すとタッチバーが勝手に再起動されます。

 

ターミナルを使って再起動

次に”ターミナル”から再起動する方法をご紹介します。

”ターミナル”とはWindowsでいうところの”コマンドプロンプト”です。

 

”アクティビティモニター”もLaunchpadにあります。

Launchpadはアプリがたくさんならんでいるこの画面のことでしたね。

 

トラックパッドで「親指と3本指でピンチ」すると出てきます。

apple HPより

 

こちらも「その他」の中にありました。

こいつ↑を見つけてクリックします。

 

そして『sudo pkill TouchBarServer』と入力してエンターキーを押します。

パスワード:鍵マークが出るときはパスワード(PCにログインするときに使うもの)を入れましょう。

ちなみにこのパスワード入力は何も表示されないですが、入力してエンターを押すと、タッチバーの再起動ができます。

 

最終手段:Macごと再起動

上の方法でも直らない場合はMacごと再起動しましょう。

再起動の方法は左上のリンゴマークから、もしくは電源ボタンを長押しでOKです。

この右上の黒いボタンが電源ボタンです。

 

まとめ

タッチバーは便利ですが、たまに効きが悪くことがあります。

そんなときはタッチバーを再起動、それでもだめならMacごと再起動しましょう。

基本的にこれで問題は解決できます。

 

それでは!!

 

スポンサードリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あきらしら

30代折り返し。男児二人の父。自分の考えや興味の持ったことを発信したい、誰かの役に立ちたいと思いブログを開始。 好奇心の赴くまま自分が興味を持ったことを深堀し、記事にしています。 毎日更新を目標に、日々情報収集を行い、アウトプットをする練習をしています。 精神的にも身体的にも成長し、カッコいいおっさんになることが目標。

-apple
-, , ,