tennis

表彰式で帽子を被っていたら罰金!?ATPの変なルール

2022-02-17

どうも@akirasiraです。

先週アメリカで行われたダラス・オープンで優勝した”オペルカ”選手が、表彰式で帽子をかぶっていたために罰金処分となったようです。

 

帽子がトレードマークの巨人”オペルカ”

オペルカは211cmと巨人です。

アメリカ人選手としては17位のフリッツに続き、20位となっています。

 

長身からのビッグサーブとパワフルなフォアハンドでガンガン押していくタイプです。

イズナーと同じようなタイプの選手ですね。

 

実際にサービスのスタッツを見てもイズナーとワンツーフィニッシュです。

サービスゲームをほぼ9割キープしているというのはすごいですね。

先月も帽子でトラブルが

先日の大会でも帽子に鳥のフンが落ちてくるというトラブルに見舞われています。

ついていないですね・・・(笑)

 

今大会では最長となる46ポイントのタイブレークを記録

優勝したオペルカですが、準決勝ではイズナーと対戦し、24-22というツアー最長タイブレーク記録を樹立しました。

イズナーと言ったらマウーとのウィンブルドン2010での史上最長試合を思い出します。

70-68という訳のわからないスコアになっています(笑)

 

当時リアルタイムで見ていましたが、3日間かかってましたね(笑)

 

まとめ

せっかくの優勝もケチがついてしまいましたが、今後のアメリカのテニス界を引っ張る存在となりそうです。

 

スポンサードリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あきらしら

30代折り返し。男児二人の父。自分の考えや興味の持ったことを発信したい、誰かの役に立ちたいと思いブログを開始。 好奇心の赴くまま自分が興味を持ったことを深堀し、記事にしています。 毎日更新を目標に、日々情報収集を行い、アウトプットをする練習をしています。 精神的にも身体的にも成長し、カッコいいおっさんになることが目標。

-tennis
-,