tennis

デルポトロ引退か?怪我に泣いたグランドスラマー

2022-02-09

どうも@akirasiraです。

ついに、デルポトロが試合に戻ってきました。

実に2年半以上ぶりのツアー復帰です。

 

BIG4にも引けを取らないパワフルなプレー、大好きです!

 

復帰戦は黒星

怪我が長引いており、2年半以上ぶりの実践復帰です。

しかし、万全な状態からはほど遠く、デルボニスに1-6、3-6で敗れました。

 

大会前の記者会見では今大会で現役引退を示唆するコメントを出していました。

 

4度の手術を乗り越えたデルポトロが母国大会での引退を示唆。「伝える中で最も難しいメッセージ」<SMASH>

THR DIGEST

 

デルポトロはすごい選手だった

年齢は錦織選手の一つ上で今年33歳。

右膝を負傷し、実に4回の手術をしていました。

 

198cmと恵まれた体格からのサーブとフォアを武器に、世界第3位まで上り詰めました。

 

2009年のUSオープンでフェデラーを破ってグランドスラムで優勝しています。

 

また、2016年のリオオリンピックでは銀メダルを獲得。

1回戦で当時世界1位のジョコビッチに、準決勝では世界5位のナダルに勝利。

決勝では世界2位マレーに負けましたが銀メダルという記録を残しています。

 

 

試合後の会見では引退を明言せず

今大会では1回戦で敗れてしまいましたが、引退は明言しませんでした。

プレーを続行する可能性も含みを持たせた会見となりました。

最後のサービスゲームでは涙を流すシーンもあり、ここまでのリハビリの大変さが伺えます。

 

 

まとめ

2006年以降BIG4以外でグランドスラムを優勝したのはデルポトロ、ワウリンカ、チリッチ、ティエム、メドベージェフの5人だけです。

BIG4に勝てる数少ない選手のデルポトロ。

 

怪我からのカムバックの道はかなり厳しそうです。

しかし、奇跡を期待してしまいます。

また、高速サーブとパワフルはフォアハンドが見れる日がくるのを楽しみにしています。

スポンサードリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あきらしら

30代折り返し。三児の父。『気分よく生きる〜自分らしく個性を出せる生き方』がモットー。 自分の考えや興味の持ったことを発信したい、誰かの役に立ちたいと思いブログを開始。 好奇心の赴くまま自分が興味を持ったことを深堀し、記事にしています。 ブログは情報収集したものや考えをわかりやすくアウトプットする練習場所。

-tennis
-