楽天

【楽天モバイル】半導体不足により人口カバー率の目標を後ろ倒しに!?

どうも@akirasiraです。

4月から楽天モバイルアンリミットを使っています。

楽天モバイルは楽天ユーザーにとっては利用料金も安く、ポイントも貯まるので、毎月の固定費を抑えることができておすすめです。

楽天モバイルならスマホの料金が超お得になる!

また楽天リンクを使うことで、国内の通話が無料になります。

 

価格の面では3大キャリアと比べて優位性があると言えるでしょう。

 

しかしまだまだ課題があります。

その1つが「サービスエリアの拡大」です。

つい先日も楽天サービスエリアの拡大が発表されています。

 

楽天は2021年夏には人口カバー率96%を達成するという目標を掲げていました。

しかしその計画が後ろ倒しになります。

 

半導体不足で計画を修正

現在、楽天モバイルのサイト上では”2021年内に人口カバー率96%へ拡大予定”という文言に書き換えられています。

また、”世界的な半導体不足等による基地局設備への影響等で、変更となる場合があります”との注意書きも。

 

ではこの世界的な半導体不足はいつまで続くのでしょうか。

 

半導体は産業の”コメ”

半導体の需給が昨年の秋ごろから急激にひっ迫しはじめました。

その背景には、需要の増加と新型コロナウルスの拡大があります。

また、アメリカによる中国への経済制裁も影響しています。

 

いつごろ半導体不足は解消されるのか?

残念ながらこの状況は、半年から1年と長引きそうです。

 

半導体市況は2018年は好況でした。

しかし2019年から不調に転じたため、半導体を制作している各メーカーは設備投資をおこないませんでした。

このため昨年の後半ごろから半導体の需要が増えた際も、設備投資をして生産を増やしませんでした。

 

カバー率と同時にプラチナバンドの獲得も急務

基地局をつくり、自社の電波で日本全国をカバーするということは必須です。

しかし、もう一つの問題である”周波数帯”の問題も合わせて解決しなければ、繋がりやすくはなりません。

 

今割り当てられている周波数帯では、3大キャリアが持っている”プラチナバンド”よりも屋内や建物の裏側に届きにくいのです。

 

2020年12月に総務省に楽天モバイルが提出した資料より(詳しくはコチラ

なんと楽天の電波の周波数は3大キャリアの持つプラチナバンドの1/10の透過量なのです。

これではいくら基地局を作ってもどこでもつながるサービスには程遠いでしょう。

 

実際に”海浜幕張駅”のオフィスビル郡の中で圏外になることもしばしばです。

 

まとめ

世界的な半導体不足等の影響はまだしばらく続きそうです。

そのため、楽天が掲げている21年内に人口カバー率96%という目標も再度後ろ倒しになる可能性があるでしょう。

合わせて、プラチナバンドの獲得をしなければ、3大キャリアに勝てるサービスとはならないでしょう。

 

楽天経済圏で生活している楽天ユーザーとしては、この2つの電波の問題を解決してほしいです。

 

それでは!

 

スポンサードリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あきらしら

30代折り返し。男児二人の父。自分の考えや興味の持ったことを発信したい、誰かの役に立ちたいと思いブログを開始。 好奇心の赴くまま自分が興味を持ったことを深堀し、記事にしています。 毎日更新を目標に、日々情報収集を行い、アウトプットをする練習をしています。 精神的にも身体的にも成長し、カッコいいおっさんになることが目標。

-楽天
-, , ,