楽天

【楽天モバイル】サービスエリアを拡大!今まで以上に繋がりやすくなるか!?

2021-05-29

 

どうも@akirasiraです。

4月から楽天モバイルアンリミットを使っています。

楽天モバイルは楽天ユーザーにとっては料金も安く、ポイントも貯まるという特典があり、毎月の通信費を抑えることができておすすめです。

楽天モバイルならスマホの料金が超お得になる!

 

しかしまだまだ課題があります。その1つが「サービスエリアの拡大」です。

楽天は2021年夏には、人口カバー率96%を達成する見込みで、エリアを拡大させていっています。

 

これは当初計画よりも約5年も前倒しだそうです。

 

5月27日楽天サービスエリアを更新

5月27日に楽天サービスエリアを更新しました。

楽天のサイトからエリアの確認ができます。

楽天モバイルサービスエリア

”現在””2021年7月末””2021年秋以降”のサービスエリアをみることができます。

主要都市はほぼカバーできている感じですね。

 

楽天モバイルは2つのエリアがある

楽天モバイルには2つのエリアがあります。

基本的には日本中どこでも繋がります。

しかし、通信データ容量の無制限等は決められたエリアだけなので注意が必要です。

 

楽天回線エリア

楽天モバイルHPより

楽天回線エリアは今まさに楽天が基地局を作り広げているエリアのことです。

この楽天回線エリア内でのみデータ容量無制限です。

 

パートナー回線エリア

楽天モバイルHPより

楽天回線エリア以外はこのパートナー回線エリアに入ります。

auの基地局の電波を利用しています。

これにより日本全国をカバーしているのですね。

 

しかし、このエリアでのデータ容量には5GBという制限があります。

容量制限が近くなるとメールが来ます。

ぼくは千葉に住んでおり、たまに出張などで千葉を離れるのですが、普通に使っていてもデータ残量のお知らせがきてびっくりしました。

意外と楽天回線エリアの隙間でパートナー回線につながっているのかもしれませんね。

 

まとめ

順次楽天回線エリアも拡大され、最終的には自社の通信網で日本全国をカバーが目標でしょう。

価格や楽天ポイントでの囲い込みである程度はユーザーは乗り換えるでしょうが、生活インフラとして、3大キャリアに見劣りしないサービスを提供することが必須でしょう。

プラチナバンドの問題などもあり、まだまだ3大キャリアに見劣りしますが、今の進化のスピードを考えると、意外と早いタイミングで3大キャリアに肩を並べる事ができるかもしれませんね。

 

 



スポンサードリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あきらしら

30代折り返し。男児二人の父。自分の考えや興味の持ったことを発信したい、誰かの役に立ちたいと思いブログを開始。 好奇心の赴くまま自分が興味を持ったことを深堀し、記事にしています。 毎日更新を目標に、日々情報収集を行い、アウトプットをする練習をしています。 精神的にも身体的にも成長し、カッコいいおっさんになることが目標。

-楽天
-, ,