楽天

個人向け携帯電話利用者シェア、楽天モバイルは7.3%

どうも@akirasiraです。

楽天モバイルが第4のキャリアとなって、約1年が経ちました。

20年4月8日からMVNOだけでなく、MNOとして「Rakuten UN-LIMIT」が発表されました。

そして現在、Rakuten UN-LIMIT Ⅵとなり、1年間使用量が無料などのキャンペーンを打ち出してきました。

キャンペーンLP ※期間中限定

2021年 MVNO格安SIMの利用者動向調査

株式会社 ICT総研 (東京都中央区)は5月26日、「2021年MVNO格安SIMの利用者動向調査」を発表しました。

MNOとしてスタートしてから約1年。

楽天モバイルのシェアはどうなったでしょうか。

 

楽天モバイルは7.3%

個人が利用しているブランドはNTTドコモ 28.5%、au 21.7%、UQ mobile 3.5%、ソフトバンク 15.8%、ワイモバイル 7.4%、楽天モバイル(UN-LIMIT) 7.3%でした。

サブブランドを入れたら3大キャリアのシェアはドコモ28.5%、au25.2%、ソフトバンク23.2%となり、合計で76.9%となります。

3大キャリアの寡占状態と言えるでしょう。

そりゃ、携帯料金が仲良く横並びなわけですね。



 

まとめ

まだまだ楽天モバイルが3大キャリアに対してシェアを奪えていない状況です。

しかし、電波の問題や楽天リンクなどの使い勝手が改善されたら、楽天ユーザーとの親和性の高さからもシェアを奪えるのではないでしょうか。

健全な競争のためにもなんとか3大キャリアに食らいついてほしいですね。

それでは!

 

 

スポンサードリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あきらしら

30代折り返し。男児二人の父。自分の考えや興味の持ったことを発信したい、誰かの役に立ちたいと思いブログを開始。 好奇心の赴くまま自分が興味を持ったことを深堀し、記事にしています。 毎日更新を目標に、日々情報収集を行い、アウトプットをする練習をしています。 精神的にも身体的にも成長し、カッコいいおっさんになることが目標。

-楽天
-, ,