apple

【mac】Finder(ファインダー)でパスを表示させる3つの方法

どうも@akirasiraです。

WindowsユーザーがMacを使うと違和感を感じることも少なくないかと思います。

 

たとえば、Windowsでエクスプローラーでフォルダやファイルを開くと、どの階層を開いているかが一目でわかりますよね。

 

Windowsでいうとこんな感じ

 

今どこのフォルダにいるのかがわかるし、2つ前のフォルダに戻ったりするので、日頃使っている方も多いと思います。

 

ではMacのFinder(ファインダー)はどんな感じかというと、こんな感じ

同じように1〜5のフォルダを作り、5のフォルダにダミーのExcelファイルを入れています。

 

これじゃどこに入っているかわからないですね。

 

3つの方法を試してみる

ここからはFinder(ファインダー)を使いやすくするように3つの設定変更をしてみます。

 

  1. カラム表示にする

一番簡単な方法は表示を「カラム」に変えるという方法。

変え方は超簡単。
ここをクリックして「カラム」を選択するだけ。

 

このマークがないときは画面が狭いので表記されていないだけです。

画面を横に伸ばすか、このボタンを押せば「カラム」を選択できますよ。

 

ポチッとワンクリックで表示形式が変わりました。

 

この方法にはデメリットは2つあります。

①横に表示を広げないと階層を一目で確認できない。

②違うフォルダを選ぶと表示が消えてしまう

①に関しては画面を横に広げるか、スクロールすれば解決です。

②に関してはダミーのExcelファイルを別のフォルダに移そうと思い、別のフォルダをクリックすると、ダミーのExcelファイルの表示が消えちゃうという問題です。

 

たとえばダミー.xlsxをAの中にあるBというフォルダに移そうと思いフォルダをクリックすると、ダミー.xlsxの表示が消えてしまいます。

少し不便ですね。

 

2.パスバーを表示

2つ目の方法は「パスバーを表示」する。

これも結構簡単です。

 

画面下のDOCKからFinder(ファインダー)をクリック。

「最近の項目」のウィンドウが立ち上がります。

注意
必ず「最近の項目」で設定変更をしましょう。
でないと、すべてのフォルダで反映しません。

 

上にある表示をクリック。

そして、パスバーを表示をクリック。

 

こんな感じで一番したにパスが出ました。

これで、今どこにいるかがわかるようになりました。

ちなみに、

パスをダブルクリックするとフォルダに飛ぶことができます。

 

ここも地味に知らないと不便ですね。

 

でもWindowsみたいにツリーが展開しっぱなしの方が使い勝手がいいんですけどね。

 

3.ターミナルにコマンドを入れて設定

最後はターミナルにコマンドを入れて設定を変える方法です。

そもそもターミナルってどこにあるのってことで、”その他”をクリックしてください。

 

その他の中にターミナルがあります。
Windowsのコマンドプロンプトみたいなもんですね。

こいつをクリックして下のコマンドをコピペしてください。

 

defaults write com.apple.finder _FXShowPosixPathInTitle -boolean true

コピペしたらエンターを押しましょう。

そしたら次はこちらをコピペ。

killall Finder

そしてエンター。

するとこんな感じで表示が変わります。

変更前がこちら。

わかりやすくなりましたね。

 

番外編

ちなみに”リスト”表示にして>をクリックするとツリーになりました。

この記事を書いている最中に気がつきました笑

スポンサードリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あきらしら

30代折り返し。男児二人の父。自分の考えや興味の持ったことを発信したい、誰かの役に立ちたいと思いブログを開始。 好奇心の赴くまま自分が興味を持ったことを深堀し、記事にしています。 毎日更新を目標に、日々情報収集を行い、アウトプットをする練習をしています。 精神的にも身体的にも成長し、カッコいいおっさんになることが目標。

-apple
-,