apple

iPhoneが壊れた!のその前に、バックアップはこれだけやっておけばOK!!

どうも@akirasiraです。

本日、妻のiPhoneが壊れました。

角から落としたらしく、画面がバキバキに。

中は生きているようですが、押しても反応せずといった状態になってしまいました。

 

これは完全にアウトだ〜!!

 

バックアップを取っておいたおかげで今回はなんとかなりました。

 

今回はかなり助かったので、これだけはバックアップ取っておけばOK!というものを紹介しようと思います。

 

まずはiCloudでバックアップ

まずはiPhoneの設定からiCloudへバックアップをするように設定をしましょう。

詳しい手順はAppleのサイトを参照します。

 

必ず自動的にバックアップにしておきましょう。

いつiPhoneが壊れて使えなくなるかわかりませんので。

 

写真はオフにすることをおすすめ

基本的にはすべてバックアップを取っておけば間違いありません。

しかし、写真だけはバックアップを外しておかないとすぐに無料の容量である5GBに達してしまいます。

iCloudの容量を課金して買うという方法もあります。

ここは自分のカメラロールの容量とも相談してオンオフを切り替えましょう。

 

写真はGooglephotoやAmazonphotoを利用する

写真については無料のGooglephoto(15GB)や、Amazonプライム特典のAmazonphoto(容量無制限)を利用しています。

ここも自動でバックアップする設定にしているので、いつ壊れてもクラウド上には写真が残っている状態になります。

 

Googlephotoが容量無制限でなくなったのが痛いところです。

 

AmazonphotoはAmazonプライム会員なら無料なのですが(プライムのサービスに含まれている)、動画は対象外となっています。

Googlephotoに動画をアップすると15GBでは足りないしなあと悩んでいるところです。

 

iCloudやGooglephotoで月額1,300円を払って2TBという手もあるけど、今まで無料だったしな〜。

 

まとめ

今回不慮の事故(iPhoneを落とした)により急にiPhoneが使えなくなりました。

しかし、バックアップをしていたので、ひとまずは古いiPhoneを使うことでスマホを使えない期間がない状態にはすることができました。

 

いつスマホが使えなくなるかわかりませんので、日頃からバックアップは取る(自動で)設定にしておくほうがいいですね。

クラウドって素晴らしいですね。

 

それでは!

スポンサードリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あきらしら

30代折り返し。三児の父。『気分よく生きる〜自分らしく個性を出せる生き方』がモットー。 自分の考えや興味の持ったことを発信したい、誰かの役に立ちたいと思いブログを開始。 好奇心の赴くまま自分が興味を持ったことを深堀し、記事にしています。 ブログは情報収集したものや考えをわかりやすくアウトプットする練習場所。

-apple
-, , , ,