本・仕事・勉強

堀江貴文という生き方

どうも@akirasiraです。

 

堀江さんといえばITベンチャーの雄から刑務所に入り、今なおビジネス現場の第一線で活躍するスーパー実業家です。

この辺りは自叙伝に詳しく書かれています。

 

ぼくは堀江さんのメルマガを購読しており、毎週堀江さんの言葉を浴びています。

なにがすごいってものすごい知識量なんですよね。

何を聞かれても深いところまで理解をしているんです。

 

その理由は圧倒的なインプットと、メルマガや対談によるアウトプットの繰り返し。

その量が尋常じゃないんですよね。

無駄を徹底的に省き、24時間を最大限活用し全力で生きています。

 

そんな堀江さんが2016年に出された本。

本当に今と言っていることが全く変わっていません。

堀江さんのブレなさがハッキリとわかる本となっています。

 

前半はメルマガやその他書籍に書かれているような「堀江節」全開 。

後半は現在進行形のビジネスの紹介、ひろゆき氏との対談、4名の著名人が堀江氏がどういう人物かを紹介、最後に堀江氏が起こした5つの事件について書かれています。

特にひろゆき氏との絡みはもう見れないのかなと思うと少し残念な気持ちになります。

 

改めて堀江氏の魅力を再認識できた書籍でした。

そして堀江さんがずっと言われている行動に移すことを少しずつでもやっていこうと思える本です。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あきらしら

30代折り返し。三児の父。『気分よく生きる〜自分らしく個性を出せる生き方』がモットー。 自分の考えや興味の持ったことを発信したい、誰かの役に立ちたいと思いブログを開始。 好奇心の赴くまま自分が興味を持ったことを深堀し、記事にしています。 ブログは情報収集したものや考えをわかりやすくアウトプットする練習場所。

-本・仕事・勉強
-,