本・仕事・勉強

【Kindle Unlimited対象】弱小サッカーチームを世界一のクラブへ!”オーレ!”

どうも@akirasiraです。

今回は地方のサッカークラブチームが上位チームに勝ち上がることを目指す能田 達規さん作のマンガ”オーレ!”をご紹介します。

 

 

地方の弱小クラブの成長

能田 達規さんのサッカーマンガといえば以前”オレンジ”を紹介しました。

 

前作の”オレンジ”と比べると絵が圧倒的に上手になっています。

”オレンジ”は少年マンガの要素が強く、選手にスポットを当てたマンガでした。

一方”オーレ!”はクラブ運営にスポットを当てています。

 

主人公は公務員

”オーレ!”の主人公は選手ではありません。

中島という市役所の職員です。

大学時代にドイツ語を専攻していたという理由だけで「上総オーレ」の運営に参加します。

 

”オレンジ”の時よりもよりクラブ運営や、地方自治体を巻き込んだ話しが多いです。

 

”オレンジ”よりも大人向けといったところでした。

個人的には”オーレ!”のほうが好きかな〜。

 

レンタル移籍や戦力外通告

架空のサッカーリーグである”Nリーグ”で崖っぷちの状態の『上総オーレ』。

Nリーグは2部制、でN2の下位2チームは自動的にAFL(下部リーグ)へ降格。

そしてしたから3位になると入れ替え戦が行われます。

 

作中の中では、N1リーグからレンタル移籍してきた選手や、長年チームを支えてきた選手への戦力外通告など、現実にJリーグでも起こっているであろう様子も描かれています。

 

公務員を辞めるなら1億

話しの終盤に中島は上総地区の大富豪である”大河原”に出資をお願いにいきます。

前作同様、地方の弱小チームはお金がなくいつも金策に奔走しています。

 

そこで”大河原”より「中島が公務員を辞め、上総オーレの社員になるなら1億円出資する」と申し出ます。

中島には婚約者がおり、両親や婚約者、その両親が公務員であることに安心をしています。

 

はたして中島は夢を追い公務員をやめるのか?それとも現実を見てそのまま市の職員として出向のままなのでしょうか?

 

 

本が好きなら”Kindle Unlimited”がおすすめ!

Amazonが提供する本の読み放題サービスです。

本や雑誌、マンガなど幅広いジャンルの本を月額制で読むことができます。

結構新しいベストセラー本なんかも読めるのでめちゃくちゃお得です。

その数なんと200万冊以上!

 

ぼくは”本は紙で読む派”でした。

しかしKindleで読むことで、ほんの隙間時間に読むことができ、読書量がアップしました。

スマホで文字を見ることに慣れているので、この辺りは意外と気にならなくなりました。

 

Kindle Paperwhiteもかなりおすすめです!

 

本を1、2冊読めば元が取れる!

Kindle Unlimitedは初月無料で、その後は月額980円です。

ビジネス書がだと1,500円以上、マンガでも500円程度かかります。

 

月額980円で読み放題というのがどれだけコスパがいいのかがわかると思います。

ダウンロードは最大10冊までという縛りがありますが、10冊を同時に読むことがないので特に困ったことはありません。

Kindle Unlimitedはマンガも雑誌も読み放題なのでかなりおすすめですよ!

 

 

スポンサードリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あきらしら

30代折り返し。男児二人の父。自分の考えや興味の持ったことを発信したい、誰かの役に立ちたいと思いブログを開始。 好奇心の赴くまま自分が興味を持ったことを深堀し、記事にしています。 毎日更新を目標に、日々情報収集を行い、アウトプットをする練習をしています。 精神的にも身体的にも成長し、カッコいいおっさんになることが目標。

-本・仕事・勉強
-, ,