本・仕事・勉強

【Kindle Unlimited対象】マラソンを通じた人の成長!”マラソンマン”

どうも@akirasiraです。

今回はマラソンを通じて人の成長を描いた”マラソンマン”をご紹介します。

 

タイトルそのまんまなんですが、マラソンを通じて主人公がさまざまな出会いや別れを繰り返し、人として成長していく物語です。

 

 

こちらは全巻”Kindle Unlimited”で無料で読むことができます。

 

大きく3部構成

”マラソンマン”は大きく3部構成です。

主人公である『高木 一馬』が少年時代から大学、そして青年へと成長する過程が描かれています。

単行本は全19巻。

駅伝編で伏線を匂わせているけどその後ほとんど登場しないなど、本当は青年編はもう少し長く描く予定だったんじゃないかなと思うところもちらほら。

 

少年時代

少年時代は主人公である一馬が小学3年生。

このときの話しは一馬の父親が主役です。

一馬の父親である『高木 勝馬』は過去に期待をされていた長距離ランナーでした。

 

離婚し酒に溺れる生活をしていましたが、36歳のときに再起復活をめざします。

小学生の一馬ですが、父親の勝馬が練習を始めたことをみてご飯を作ったり、練習メニューを考えたりするようになります。

めちゃくちゃ健気な息子です。

 

その後、親子二人三脚で福岡マラソンでの復活を目指します。

ここで後々も出てくる『マモ』という強敵も出現します。

 

駅伝編

時は流れ、一馬が筑摩大学に入学するところから物語は始まります。

理由があり一馬はマラソンから離れ、水泳の選手としてスポーツ推薦で大学にはいります。

しかし途中で陸上部へ転向。

大学陸上長距離の最高の舞台である”箱根駅伝”を目指します。

 

この駅伝編がかなり熱い。

やはりスポーツマンガの醍醐味であるチームの友情は盛り上がります。

 

この駅伝編で青年編にも出てくるキーパーソン『阿川 泰』と出会います。

ここの修行しているシーンはまさに少年漫画という感じ。

 

箱根駅伝はほとんど見たことがないですが、大学の長距離といえば箱根駅伝と言えるくらいの大舞台。

タスキが途切れぬよう、男達が死ぬ気で走ります。

 

青年編

なんと主人公である一馬は、箱根駅伝後に失踪してしまいます。

あとからなぜ失踪したかは判明しますが、なかなかはちゃめちゃな展開です。

 

5年の時を経て、一馬がまたマラソンの世界に戻ってきます。

そして因縁の相手『マモ』との最終決戦 。

父親が最後のレースで戦った相手であり絶対王者のマモに一馬は勝てるのか?

 

父親と同じく、ブランクからの復活を描いています。

 

本が好きなら”Kindle Unlimited”がおすすめ!

Amazonが提供する本の読み放題サービスです。

本や雑誌、マンガなど幅広いジャンルの本を月額制で読むことができます。

結構新しいベストセラー本なんかも読めるのでめちゃくちゃお得です。

その数なんと200万冊以上!

 

ぼくは”本は紙で読む派”でした。

しかしKindleで読むことで、ほんの隙間時間に読むことができ、読書量がアップしました。

スマホで文字を見ることに慣れているので、この辺りは意外と気にならなくなりました。

 

Kindle Paperwhiteもかなりおすすめです!

 

本を1、2冊読めば元が取れる!

Kindle Unlimitedは初月無料で、その後は月額980円です。

ビジネス書がだと1,500円以上、マンガでも500円程度かかります。

 

月額980円で読み放題というのがどれだけコスパがいいのかがわかると思います。

ダウンロードは最大10冊までという縛りがありますが、10冊を同時に読むことがないので特に困ったことはありません。

Kindle Unlimitedはマンガも雑誌も読み放題なのでかなりおすすめですよ!

 

スポンサードリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あきらしら

30代折り返し。男児二人の父。自分の考えや興味の持ったことを発信したい、誰かの役に立ちたいと思いブログを開始。 好奇心の赴くまま自分が興味を持ったことを深堀し、記事にしています。 毎日更新を目標に、日々情報収集を行い、アウトプットをする練習をしています。 精神的にも身体的にも成長し、カッコいいおっさんになることが目標。

-本・仕事・勉強
-, ,