apple

2021年6月7日Appleイベントまとめ(WWDC2021)

2021-06-08

どうも@akirasiraです。

21年6月7日にAppleのイベント”WWDC”が行われました。

詳しい内容はAppleのHPに動画が上がっていますのでそちらをチェック!

Apple公式HP WWDC

 

それでは見ていきましょう!

 

0.イントロダクション

ステージにティム・クックCEOが登壇。

 

特に少数派と呼ばれる黒人および女性に対して、デベロッパーとしての育成に力を入れる。

 

1.iOS 15

まずはiPhoneのOSであるiOS15について。

FaceTime

コロナ禍においてビデオ通話がコミュニケーションでの必要性が上がっています。

しかし課題もたくさんありました。

iOS15では様々な課題を解決してくれるそうです。

 

1.空間オーディオ

より自然で心地よく、実際に会話をしているような形にすることを目指しました。

空間オーディオをFaceTimeに適用し、ビデオでの会話が同じ部屋で話をしているかのように聞こえる機能が追加されます。

 

ビデオ通話内で示されている方向から声が聞こえてくるように広がるのです。

 

2.声を分離

機械学習により雑音を認識、自分の声を優先的に届けることにより、明瞭に聞こえるようになります。

もちろんすべての音を届ける設定にすることも可能です。

 

3.ビデオ

Grid viewで全員が同じサイズのタイルに表示されます。

ここでは誰が話をしているかを明確に見ることができます。

 

ポートレートモードを採用し、背景をぼかし顔に焦点が合うようになります。

 

4.FaceTimeリンク

FaceTimeの予定をスケジュールすることができます。

Outlookなどでの”会議依頼”のようなものですね。

メッセージ、メール、ワッツアップなどで送ることができることはもちろん、カレンダーにスケジュールを飛ばすことができます。

 

Apple以外のユーザーもブラウザからFaceTime通話に参加することができるようになります。

 

5.SharePlay

通話に音楽を加えたり、画面の共有などを行うことができます。

通話に参加しているだれもが、次のトラックへスキップするなどの操作を行うことができます。

 

ピクチャ・イン・ピクチャにより通話をしながら裏で様々なことができるようになります。

 

メッセージ

LINEのように写真がズラッと一列にならんで送られてくるのではなく、束になって表示されます。

タップすると一覧で写真を見ることができ、すぐに”いいね”をつけることができます。

あなたと共有(Shared with You)

ニュースアプリと連携し、メッセージで受け取った記事をあとから読むことができます。

ニュースアプリを開くと送られてきた記事が表示されるのです。

もちろんニュースアプリからメッセージを送ることも可能です。

 

この機能はニュースアプリだけでなく、ミュージックやフォトライブラリーとも連携されます。

 

複数のアプリを行き来しなくても、横断的に使うことができるようになります。

 

通知

iPhoneではわたしたちの注意をそらすことがたくさんあります。

新しくなった通知では、アプリケーションのアイコンが大きくなり見分けがつきやすくなります。

 

通知要約

通知をまとめて好きな時間に通知を届けることができます。

通知が来るたびに集中が途切れるということがなくなりそうです。

 

内容を瞬時に把握できるよう、要約を配置して提供されます。

つまり優先順位の高いものから並べてくれるのです。

 

集中モード

集中モードでは自分がなにに集中したいかを選択することができます。

仕事やプライベートなどの時間を明確に分けることができるようになります。

つまり、仕事ならプライベートの内容の通知が来なくなり、プライベートなら仕事で使用するアプリや人物からの通知が来なくなるということです。

 

場所や時間帯でiPhoneからモードの提案を受けることもできますし、独自の集中モードをつくることもできます。

 

テキストの認識表示(Live Text)

カメラ・写真

ホワイトボードにカメラを向けると、範囲を自動で読み取り、書かれている文字を認識してくれます。

ホワイトボードに書かれた内容をテキストといてコピーすることができるのです。

または写真に写っているお店の電話番号をタップすると電話をかけることができるようになります

 

これはすごい機能ですね。

すでにライブラリにある写真でも使うことができるようです。

※ただし日本語には非対応

 

また、文字以外でも、犬種や花の種類もわかるそうです。

 

スポットライト(Spotlight)

写真をスポットライトの検索対象にすることで、写真の検索が簡単になります。

人物や地域で調べることは今でもできますが、写真からテキストを見つけることができるようになります。

レシピやレシート、手書きのメモなどを探すときに便利です。

はやく日本語にも対応してほしいですね。

 

メモリー(Photos Memories)

メモリーはお気に入りの写真やビデオをつなぎ合わせて動画を作成します。

このときにAppleミュージックとも連携しており、パーソナライズされた曲とともにメモリーとして躍動的な動画を作成してくれます。

 

これはGoogleフォトにもあるような機能ですかね。

Appleがどれくらい驚きがある動画を作ってくれるか楽しみですね。

 

ウォレット

なんとiPhoneが”鍵”になります。

BMWや他のメーカーがUWB対応車を今年の後半から出荷するそうです。

さらには家の鍵やホテルの客室の鍵にもなるそう。

 

アメリカでは身分証明書としても使えるようになるそうです。

運転免許証がデジタル身分証明書なったらいいな〜

 

天気

ビジュアルが刷新され、おしゃれになるようです。

 

Appleマップ

新たなマップが作られているそうですが、ここも日本は未対応。

さらに驚くほど細部までマップに描写されるそうです。

 

バスやタクシーの専用レーン、横断歩道や自転車レーンまでも再現されているそうです。

バスで降りる駅も通知してくれる機能や、立体的に目的地を指す機能もつくそうです。

 

早く日本にも対応してほしいですね。

 

AirPods

次にワイヤレスイヤホンのAirPodsです。

会話を強調

AirPodsが補聴器のような役割を果たします。

 

探す

AirPodsを置き忘れたときに通知を受け取ることができます。

 

AppleTVや他のデバイスとの連携

同じ部屋に人がいる状態でもAirPodsを使うことで、映画館のような立体的な空間オーディオを体験することができます。

 

iPadOS

次はiPadOSです。

これまで以上に直感的で高機能を体験することができます。

 

ウィジェット

ウィジェットをホーム画面のアプリケーションと一緒に配置することができます。

これはiPhoneでできるようになったものと同じですかね。

 

Appライブラリ

ウィジェットをつくるとアプリが後ろの画面に追いやられていきます。

すでにiPhoneでもあるAppライブラリに対応し、すべてのアプリがカテゴリごとに並んでいます。

 

マルチタスク

アプリケーションの上部にあたらしいコントロールが表示されます。

ここをタップすると簡単にマルチタスクとなります。

 

ここは動画で色々な使い方を説明しているので確認してみましょう。

 

クイックメモ(Quicknote)

なにをしていてもすぐにメモを取ることができます。

画面右端からスワイプすると新しいクイックメモが出てきます。

すぐにメモを書くことができるようになります。

 

また、アプリにリストをつけることができ、メモに書いたリストをタップすると当該のページに飛ぶことができます。

これは様々なアプリに対応しているそうです。

どこでもメモを取ることができます。

これは結構使い勝手良さそうですね。

 

自動翻訳

テキストをタップすると翻訳してくれます。

これはテキストの認識表示している写真でも翻訳ができるようです。

また、言語をダウンロードすることで拡張できます。

 

Swift Playgrounds

iPadでiPhoneやiPadのアプリを作れるようになります。

SwiftUIというものを使いコードを書くので簡単にアプリが作れるそうです。

 

プライバシー

ここはEUなどがプライバシーについてかなり厳しく目を向けていることにたいしての施策だと感じました。

利便性とプライバシーを両立させると主張しています。

 

メールプライバシー保護

IPアドレスを隠し、位置も特定できないようになります。

また、メールを開いたかどうかを送信者が見ることも防ぎます。

 

サファリ

こちらもIPアドレスを隠し、様々なサイトにわたるアクティビティに紐付けさせないようにします。

 

プライバシーレポート

アプリケーションがプライバシーをどう扱っているかを確認することができます。

アプリケーションが過去7日間で許可を何度使用し、位置情報や写真、カメラ、マイクなどの様々な機能にアクセスしたかを確認することができます。

 

Siri

音声はすべてiPhoneかiPad上で処理されます。

かってに録音されたりどこかにデータを送信したりといったことがなく安全ということですね。

 

iCloud

 

アカウントリカバリー

パスワードを忘れたりロックされた際に、アカウントに再ログインする新しい方法が追加されます。

家族や友人を「復旧用の連絡先」に追加できるようになります。

 

デジタルレガシー

自分がなくなったあと、家族や友人に簡単に情報を引き継げるようになります。

 

iCloud+

サブスクリプションで従来のiCloudに機能が追加されます。

 

プライベートリレイ

Safariをより安全に守られた状態で使うことができます。

メールを非公開

webサイトでメールアドレスを登録することがあると思います。

そのときにユニークでランダムなメールアドレスを共有し、個人のメールボックスに転送することができます。

 

ヘルスケア

  1. モビリティ:歩行データから転倒リスクを減らす
  2. トレンド:歩行、安静時心拍数、血糖値、睡眠などから長期的な変化を確認できる

これらの情報を電子カルテとして主治医と共有することができます。

また、家族にも共有することができます。

遠く離れた両親の健康状態を知ることができるようになります。

 

これらの情報はAppleですら知ることができず、キュリティについては万全と述べられています。

 

WatchOS

健康

マインドフルネス:呼吸アプリケーションが強化

睡眠アプリ:睡眠時の呼吸数から健康状態を把握

運動:太極拳とティラピス

 

ポートレート文字盤

ポートレートから、奥行きのある多層化された文字盤を作成することができます。

 

Home

スマートホームのアクセサリをシームレスに調整、コントロールすることができます。

HomePodminiなどを使うことで、Apple製品に囲まれたスマートホームが完成するのです。

 

全部揃えるとなると相当なお金がかかりそうですが、かなり近未来の生活がすぐそこまで来ていることを実感できるでしょう。

 

macOS Monterey

次のリリースでは、ユーザーの作業をより助けることに重点をおきます。

ユニバーサルコントロール

1組のマウスとキーボードを使って、MacとiPadの間をシームレスに移動することができます。

iPadをMacの横に置くだけで、2つのデバイス間をマウスで移動できるのです。

デバイス間でのドラッグ&ドロップも可能なのです。

 

これはすごい。

 

AirPlay

MacにAirPlayが対応します。

iPhoneやiPadの映像をMacに飛ばすことができるようになります。

 

ショートカット

iPhoneで使えるショートカットがMacでも使えるようになります。

もともとMacに入っている”Automator”は引き続きサポートされ、ワークフローはショートカットにインポートが可能です。

 

Safari

世界最速のブラウザだそうです。

タブの表示などがかなり変わり、より直感的に操作ができるようになります。

複数のタブをまとめタブグループをつくることができます。

これはMacだけでなく、iPhoneやiPadでも大きな変化が起こっています。

Extension

iPhoneやiPadにもウェブ機能拡張が提供されます。

ブラウザのカスタマイズをすることができるのです。

 

デベロッパー・テクノロジーズ

  • APIの強化
  • Swift並行性を追加
  • App Storeの再設計

 

まとめ

紹介したすべてのソフトウェアは今秋にはリリースされます。

それにしても、紹介の仕方や見せ方が本当にかっこよくておしゃれなApple。

 

今回の発表では、”プライバシー”や”健康”といったキーワードが強く出ていると感じました。

魔法のような体験を早くしたいですね!

今から楽しみです。

 

 

スポンサードリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あきらしら

30代折り返し。男児二人の父。自分の考えや興味の持ったことを発信したい、誰かの役に立ちたいと思いブログを開始。 好奇心の赴くまま自分が興味を持ったことを深堀し、記事にしています。 毎日更新を目標に、日々情報収集を行い、アウトプットをする練習をしています。 精神的にも身体的にも成長し、カッコいいおっさんになることが目標。

-apple
-, , , ,